読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

centos7 postfix+dovecot+α移行の要点

SMTP-Authでsaslauthdは使わずdovecotに任せる

main.cfで

smtpd_sasl_type = dovecot
smtpd_sasl_path = private/dovecot-auth

と指定した事で、saslauthdを停止しないと認証エラーが出る。このあたりを理解せず、約5時間浪費。

ただし、メールアカウントのパスワードはシステムアカウントと切り離したのでメールアカウント用のパスワードをsasl2passwdで生成する。

/etc/sasl2/smtp.conf

pwcheck_method: auxprop
mech_list: cram-md5 plain login

sasl2passwd -u メールドメイン -c アカウント

 

dovecot側の設定 for SMTP-Auth

/etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf

!include auth-system.conf.ext
!include auth-passwdfile.conf.ext
この2つをイキにする。

 

/etc/dovecot/conf.d/auth-passwdfile.conf.ext

passdb {
driver = passwd-file
args = /etc/dovecot/dovecot-passwd
}

userdb {
driver = passwd-file
args = /etc/dovecot/dovecot-passwd

}

として、/etc/dovecot/dovecot-passwdに、view /etc/passwdを見てアカウント情報をコピーし、(mech_listで利用可能にしたcram-md5を使った)dovecotpwで生成したコードを埋め込む

$ dovecotpw
Enter new password:
Retype new password:
{HMAC-MD5}dcbe8064d829ee98ad16817611150a6c7ee5fe1c9dfd79f5395be892f162bfd3

 

CentOS7のepel-releaseなamavisd-newの起動方法

systemctl start amavisdすると、エラーで起動できずpostfixとの連携からメールの受信ができなくなり、約5時間悩む。おそらく、amavisd.serviceな起動スクリプトに問題がある模様。で。素直に、

/usr/sbin/amavisd -c /etc/amavisd/amavisd.conf

としたら、あっけなく起動。OK。